デザイナー要らず! 個性を活かして印象に残る名刺をつくる

デザイナー要らず個性を活かして印象に残る名刺をつくる
 ビジネスにおいて、「第二の顔」ともいうべき名刺。初対面で交換する名刺、相手がのちのちあなたに連絡をとろうと思い出すとき、必ずと言ってよいほど見返すことになるものでしょう。そんな名刺は、あなたの印象を大きく変えるキーアイテムです。名刺のデザインを工夫することは、セルフプロデュースにもつながります。こだわりのポイントをおさえて、相手の心に残る名刺を作ってみましょう。

インパクトのある名刺は五感に訴える

5d65507aafdae177d1ae8fa88974b562_s
 名刺のデザインというと、紙のカラーや文字のフォント、写真などを思い浮かべるかもしれませんね。しかし、インパクトのある名刺とは「五感」に訴えるものです。

 名刺をもらって、まず目に入るのはもちろん「デザイン」。デザインについてはあとでもお話ししますが、いうまでもなく名刺におけるデザインは視覚に訴え、あなたの印象をガラリと変わる要素です。

 それに加えて、名刺は必ず手で受け取るもの。紙質、つまり感触も印象の大きな要素。サラサラとしたマットな手触りの紙にするか、つるりとして指に吸い付く質感の紙にするか。あなたが演出したい自分に合わせて、感触もしっかりこだわりたいものです。

 そして、最後に「香り」も大切なポイントです。自分だけでなく、名刺にもふんわりとお気に入りの香水やお香など、香りをまとわせる工夫も活きてきます。決してやりすぎてはいけませんが、例えば名刺をふと取り出したとき、香りであなたのことを具体的に思い出すこともあるはずです。

フリー画像&フリーソフトでプロ仕様の名刺が完成?

 インパクトのある名刺を作りたいと思ったとき、デザイナーに依頼をしようと考える人がほとんどではないでしょうか。もちろん、プロのデザイナーに作ってもらう名刺はクオリティも高く、素敵なものになるでしょう。しかし、セルフデザインでもプロ顔負けの名刺が作れてしまうのです。自分のこだわりを落とし込んだとっておきのデザインを作ってみませんか?

 パソコンでももちろん作れるのですが、今回はiPhoneのみで完結するビジネス名刺の作り方をお教えします。用意するのは、画像加工ができるアプリと文字入れのできるアプリだけ。今回は、画像加工に「Instamag」、文字入れに「Phonto」というアプリを使用してみます。

 「Instamag」でイラストや写真を切り抜き&加工を行い、名刺に入れる画像の準備をします。今回は私が自分で描いた似顔絵を使用していますが、趣味の写真など、とっておきの一枚を組み合わせても話題になります。

IMG_1635

 次に、「Phonto」で文字入れをしていきます。文字入れと言っても、名前や住所、アドレスといった情報をいれるだけ。SNSに書き込むのと変わらないくらい簡単ですよね。

IMG_1636

 あとは、保存して終了です。印刷は名刺印刷を行っている印刷屋さんに頼むもよし、自家用プリンターで印刷するもよし。紙質にこだわりたい場合は印刷屋さんに頼むのがベストですが、最近はさまざまな紙質の名刺用紙が売られているので印刷までセルフで済ませることもできますよ。

IMG_1637

Photo Collage - InstaMag

Photo Collage – InstaMag
開発元:Fotoable, Inc.
無料
posted with アプリーチ

Phonto 写真文字入れ

Phonto 写真文字入れ
開発元:youthhr
無料
posted with アプリーチ

個性に足を取られるな! こんな名刺はNG

 いくらデザインにこだわっても、もらって困る名刺はNGです。NGポイントをしっかり覚えて、使い易い名刺を作りましょう。

 たとえば、スマートでおしゃれな縦型の名刺。外資系の企業などでは普通に使われていますが、従来の名刺というとやはり横型が主流です。名刺交換の際に受け取りにくかったり、名刺入れに入れたとき横になってしまって見返しづらかったりといったといったデメリットもあるのです。縦型名刺と同じように、スリムタイプの名刺も名刺入れに入れづらく保管に困る場合があります。

1c9a6b86237fafb1ba3a60db25eb6757_s
 また、業種・業界によってはデザインに凝りすぎてしまうととっつきにくい印象になってしまうことも。シニア層をターゲットにしたビジネスで、派手なカラーや読みにくい英語表記のみの名刺にしてしまうと、「名刺が読みにくい=信用に劣る」と考えられてしまうこともあるのです。

 インパクトのある名刺を作ろうと考えれば考えるほど、ついごちゃごちゃとして個性的すぎるデザインになってしまいがち。迷ったら、自分の業種や名刺を受け取る相手のことを考えて、シンプルなデザインを取り入れてみてくださいね。

 自己紹介のあいだのほんの一瞬で、あなたのイメージは決まります。そんな出会いの一瞬を彩るとびきりの名刺を作って、あなたの格をワンランクあげてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク