人脈の広げ方はいくらでもある!

人脈を広げたいと思っている人は多いと思います。

しかし、広げたい、もっと人脈を持ちたい…と思いつつも、なかなか行動に移せない・どうすればいいかわからないという人も同様に多くいるのではないでしょうか。「いつか」ではなくて「今から」やろう!なんて言うと、そんなことわかっている!という言葉が聞こえてきそうです。

しかし大丈夫です。
人脈の広げ方などいくらでもあるからです。あなたに合った人脈の広げ方で今日からもっといきいきと日々を送っていきませんか?

「人脈を広げる」ってなんだ?

connection1

「人脈を広げる」
よく聞く、そしてよく使う言葉です。
その言葉の定義を聞きたいと思う人はあまりいないでしょうが、私の中では「業種、職種、部署、年齢、性別にかかわらず、広く、そして最初は浅く知り合いを作る」と理解しています。
そう考えると、人脈を広げるためには、まずSNSを使おうという発想になります(私は)。

しかし、実はSNSで初めて知り合った人って、そのあとで実際に会おうということになりづらいのです(経験上)。一見面倒そうに思えても、実際に人に会いにいくほうが効率的だったりするのです。
なので、ここでいう「人脈を広げる」は「実際に直接会って、人脈を広げる」と少し限定したいと思います。

人脈を広げる方法① ~これができたら苦労しない~

connection2

さて、それでは早速ですが人脈を広げる方法を紹介していきます。
まず1つ目。社内の人と仲良くなることです。それって広げることになるのか、と疑問に思うかもしれませんが、10秒ほど考えると広げることになっていると気づくと思います(もちろん企業の規模にもよりますが)。

あなたが今働いている会社で、他の部署のことどれだけ知っていますか?どれだけの人と仲良くなっていますか?そう考えると社内の中とはいえ、人脈を十分に広げていることになるのです。

人脈を広げる方法② ~外部の人と会ってみる~

connection3

外部の人と会うにはまずイベントに参加するという方法を思いつきます。
とはいえ、イベントと一口にいってもいろいろあり過ぎて漠然としています。出会い目的とか、ビジネス目的とか、趣味の仲間が欲しいとか。

ここでは真面目にビジネスに関するイベントとしましょう。きっと今までそういったイベントに参加したことのない人からすると、「え!?こんなに種類あるの?」ということを感じるでしょう。
無料、有料問わず、ほんとうに様々です。できることなら懇親会がついているものがいいと思います。懇親会なしでイベントに参加するだけだと、かなりアグレッシブに行かないとまともに話すらできないこともあります。

SugarDaddy
出会い系と侮るなかれ。人つきあい対策コラム必見。

初心者にもおすすめ「ブックカフェイベント」

 最近ではブックカフェと呼ばれるような本屋でイベントを開催することが多くなってきました。
著者の方を呼んで、宣伝も兼ねてはいますが、本の内容が興味の範疇であれば、有意義な時間を過ごせる可能性は高いです。似た目的を持った人が集まっているわけですが、それでも働いている会社などはバラバラであるケースが多いです。本屋という特性上、ふらっと気軽に入れるので、イベントに参加するのが初めてという方にもおすすめできます。

 しかし、1日で完結するようなイベントだとなかなか関係が持続しないというケースも多いです。なので、思い切って資格の学校に通うというのも人脈を広げる方法としてはありだと思います。わざわざ予備校のような場所に行かなくても、近くに大学などあれば、出身生かどうかを問わずに、そこで開講している講座を受講できたりもします。資格の大手予備校から講師が派遣されてきて、お手頃価格で受けられることもあるので、1つの方法として頭にいれておきましょう。

昔の友人知人に連絡しよう


amazonで詳しく見る

 あとは学生時代の友人と関係をもう1回作るのもいいでしょう。同窓会などあれば、迷わず参加する。特に文系出身の人であれば、学生時代の友人がいろんな業界にいるはずです。
普段から頻繁に会っている人ではなくて、長らく会っていない人と情報交換する機会を持つということは、すなわち人脈を広げたことになるでしょう。事前にどういう業界の人が集まるのかわかっているときには、その業界の知識を入れておけば、より話も弾みます。
「自分がしている仕事をわかってくれている、興味を持ってくれている」と感じれば、その人もきっと嬉しくなって、ますます話をしてくれるようになるでしょう。

さて、今回は人脈の広げ方についてまとめてみました。しかし、肩肘張って「人脈を拡げなきゃ!」と思う必要はありません。
ジャーナリストの津田大介さんは、「飲み会などに行って、1つでもおもしろいと思う情報を得られれば、それでよしと思うようにしている」と述べています。津田さんのように、情報取集という面を第一に考えれば、すんなりと「人脈を広げる」行動に移せるはずです。まずは一歩を気軽に踏み出してみましょう。

参考文献:『ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す』著:津田大介

スポンサードリンク