ビールはお好き?ドイツ在住者が教えるバイエルンの魅力

ビールはお好きドイツ在住者が教えるバイエルンの魅力

ドイツ南部、オーストリアとの国境沿いに位置するバイエルン州。州都ミュンヘンでのオクトーバーフェストに代表されるビール文化はもちろん、あのノイシュバンシュタイン城ロマンチック街道・・・と魅力がいっぱい!

pexels-photo-53626
ドイツ在住の筆者が、バイエルンを楽しむためのポイントをご紹介します。

ビール好きにはたまらない!オクトーバーフェストを楽しむ6つのヒント

pexels-photo
近年日本でも定着して来た、オクトーバーフェスト。その発祥の地、バイエルン州ミュンヘンでは9月末から10月の第一日曜日に掛けて開催され、「世界最大のビール祭り」として知られています。

これだけは食べたい&飲みたい!お勧めグルメ

oktoberfest
種類が有りすぎて選べない・・・そんなあなたに是非試して頂きたいのが、バイエルンならではの「ヴァイスビア」(ヴァイツェンとも言う)。香りが高く、苦味が少ないので飲みやすい!
お店にもよりますが、大きな1Lのジョッキ一杯10ユーロ程度から。これより小さいグラスは見当たらず、筆者はお腹いっぱいに・・・お酒が苦手な方はジュースなども購入できます。

飲むだけではなく、ドイツならではのフードも食べてみたいですよね。定番はソーセージで、毎年20万本以上が消費されるとか!筆者がハマったのは、顔サイズの巨大プレッツェル(5ユーロ)。ほんのり塩が効いて、ぱりぱりの食感が美味しい!


【日本一ウインナー&金賞ビールA (2-3人向)】 世界3位の職人が作るウインナーと、国際大会金メダルビール

行けないならお家で飲めばいいじゃない

ネット予約も可!席を抑えて行こう

people-1284516_640
バイエルン中の人々と世界中からの観光客が押し寄せるため、会場内は非常に混雑します。人気の大きなビアホールは、予約なしにはまず入れません。公式サイトからブッキングをしておきましょう。

どうしても予約できなかった場合は、午前中から出かけてみてください。明るい中で朝から飲む・・・というのも、旅情が増して良いもの。
夜に出かける場合、ごく小さな屋台をハシゴしてみるのもアリ!筆者もそうしましたが、巨大なお店と比較して注文しやすく、ドリンクが来るのも早いです。

宿はどこに取るのが一番いい?

毎年600万人以上が訪れるため、オクトーバーフェスト期間中のホテルを抑えるのはかなり大変!値段も通常の2倍になります。ミュンヘン市内や会場近くのホテルを取りたい場合は、半年前には予約をしておきましょう。

予算に限りが有る場合は、ミュンヘン郊外や近隣の街で宿を探してみてはいかがでしょうか。下記のように公共交通機関網が発達していますし、時間にも正確で使いやすい!

移動は公共交通機関がベスト!

およそ10万席を誇るオクトーバーフェスト。移動は公共交通機関を使用するのがベストです。駅から会場は徒歩圏内で、人も多いため迷うことはまずありません。会場周辺の道は非常に混雑しており、タクシーはなかなか捕まりません。

電車や地下鉄は夜12時過ぎまで、また夜中にはナイトバスが運行しています。ご宿泊のホテルまでのルートを予めチェックしておいてくださいね。

気分が上がる!民族衣装を着てみる

640px-KurzsDiandlgwand
さあ、宿を手配して電車のルートもチェックした。あとは行くだけ!となったら、思い切って民族衣装も買ってみてはいかがでしょうか?ミュンヘンでは、店員さんもお客さんもかなりの割合でディアンドル(女性用)とレーダーホーゼン (男性用)を着ています。

衣装は会場や周辺の路上、ミュンヘン中央駅などで約30〜100ユーロで売っています。日本に持ち帰ってイベントやオクトーバーフェストで着るも良し、お土産にもなりそうですね。
昼間は暖かくとも夜は冷えるので、脱ぎ着しやすい上着も忘れずにお持ちください。

バイエルンの人はフレンドリー!?話しかけてみよう

oktoberfest
いざ席に着いたら・・・恐れずに地元の人や隣のテーブルに話しかけてみてください!バイエルンの人々はちょうど日本の大阪人のように、オープンで素朴でフレンドリー。筆者もレストランで、電車の中で、街で・・・あちこちで話しかけられました。

周りの人との距離が近いオクトーバーフェスト。一緒に飲んで、肩を組んでドイツの流行歌(分からないなりにも!)を歌えば、記憶にも残る楽しい時間になることでしょう。

アニメの舞台にもなった!ロマンティック街道の街へ行ってみよう

せっかくドイツに来たからには、ミュンヘン以外の街も気になりますね。バイエルンには「ロマンチック街道」と呼ばれる観光エリアがあり、中世の街並を感じられるとして大人気!

お得なバイエルンチケットで、ミュンヘンから日帰り旅行

Bayernticket-DB-Länderticket-720x340
バイエルンを旅する上で抑えておきたいお得情報、州内1日乗り放題券「バイエルン・チケット」。駅の自動販売機で簡単に買えます。一番安いチケットだと一人23ユーロ。一人増える毎に5ユーロ加算され、最大5名(43ユーロ)まで使用できます。人数が多ければ多いほど、お得になりますね!
使用する時間帯、クラス、乗れる電車のグレードなどによって基本料金が変わるので、下記サイトをチェックしてみてください。

日本人に一番人気の街!ローテンブルグ

rothenburg
ロマンチック街道に数ある街の中で、一番人気が高いローテンブルグ。旧市街の建築がきちんと保存されており、17世紀からの建物の中でご飯をいただいたり、お茶ができたりします。
筆者のお気に入りは、とても可愛い看板たち。お店に掲げられた凝ったデザインの看板写真を撮っているだけで、一日があっという間。

あのアニメのモデル!?ネルトリンゲン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
人気アニメ「進撃の巨人」のモデルとなった街として、近年人気がうなぎのぼりの街ネルトリンゲン
1500万年前に隕石が落ち、そのクレーターの上に人が棲み始めたという世界でも珍しい街です。1327年に作られた城壁にぐるりと囲まれており、中世の雰囲気を今に伝えています。

世界一有名な城!?ノイシュバンシュタイン城

neuschwanstein
有名旅行サイトで「死ぬまでに行きたい世界の名城25選」に選ばれた、世界一有名なお城ノイシュバンシュタイン。ディズニーのシンデレラ城のモデルとなったと言われており、写真は見た事がある!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ここもバイエルンチケットを使用して、ミュンヘンからの日帰り旅行が可能なんです。

シンデレラ城のモデル?ノイシュバンシュタインの歴史

このお城はルートヴィヒ2世によって19世紀に築かれ、彼の個人的な好みや趣味を全面に押し出した作りです。
中世の建築やビザンチン風のインテリア、近代的なサンルーム、当時の最先端の技術を駆使して作られた人口鍾乳洞など・・・様々な建築手法がミックスされており、とても面白い!

ミュンヘンから日帰りも可能!予約を忘れずに

ノイシュバンシュタイン城の中には、ツアーでのみ訪れることができます。日本語のオーディオガイド・ツアーもありますよ!
筆者が訪れた際はバカンス・シーズン(初夏)だったこともあり、ツアー・チケットを買うために1時間以上並びました。時間がタイトな旅行の場合、ネットから予約しておくのがベスト。

バイエルンのまとめ

pexels-photo
料理とビールが美味しく、街やアルプスの山並みも美しく、人もフレンドリーで優しいバイエルン地方。「最もドイツらしい風景」がここにあります。
日本からミュンヘンまでは、往復約400〜700ユーロ。少しだけお休みを取って、素敵な時間を過ごしてみませんか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です