あなたを特別にするバカンス。カリブ海を遊び尽くそう!

あなたを特別にするバカンスカリブ海を遊び尽くそ
アメリカからは、毎年500万人以上が訪れている人気の旅行先、カリブ海。
海が輝くビーチやカリブ料理、パーティーシーンは、どこを切り取ってもインスタジェニック!ハワイやグアムも素敵ですが、人とは違う、ちょっと特別なバカンスを楽しんでみませんか?

カリブ海ってどんな所?気になる3つの質問

Caribbean_general_map

Q1:正直、いくらぐらい掛かるの?

日本からは遠い&高いと思われがちなカリブ海。しかし良いフライトを探せば、10万円程で往復できてしまうんです!
格安航空券を探す際に便利なのが、比較&検索サイト。

探しているときから、もう楽しくなっちゃうかも!?

一旦飛んでしまえば現地の物価は日本よりも安く、コスパは最強!
例えば、メキシコ・カンクン市内を動くバスは、片道1USドル程度で乗れます。
ホテルはシーズンにもよりますが、5ツ星で一人1万5千円から。格安ホテルやアパートメントだと、一人3千円以下でも見つけられます。

Q2:ベストシーズンはいつ?

12月〜4月に掛けてが、暑すぎず嵐も無いベストシーズンとされています。世界各国からのゲストで混み合うため、ホテルの予約を2ヶ月前迄にしてくださいね!
5〜8月は湿度・気温共に高くなり、やや過ごしにくいかもしれません。
9月以降は雨期になりますが、ホテルなどは比較的落ち着いており、予約しやすくなります。

Q3:何日あれば楽しめる?

旅行系口コミサイトの掲示板に「カンクンにはどれぐらい滞在する??」というトピックが立っていたので、覗いて見ました。一番多かった回答は「最低でも7日。できれば10〜14日間がベスト!」というもの。実際に筆者も、2週間程滞在しました。

しかし日本人にとって、なかなか長期のお休みは確保しずらいですよね。回答には「3日いれば、良い夢が見られるよ!」というコメントもありました。3〜4日滞在し、フライトと合わせても1週間のお休みが有れば、カリブ海を満喫できそうです。

カリブ海イチの高級リゾート!カンクン

cancun-1235489_640
アメリカ人に最も人気の街が、メキシコ・カンクンです。
観光が大きな産業なので、交通インフラやWi-Fi環境が整っています。

ホテルが集中するエリアはバスが24時間運行されており、ホテルでルート・マップを貰えます。
日本のコンビニのように、清潔なコンビニエンスストアやスーパーもあるため、お買い物も安心。
カフェやレストラン、ホテルでは大概、無料でWi-Fiを使用できます。
アメリカ人・カナダ人をはじめとして、世界中から観光客が訪れるため、英語が通じるのも嬉しいですね。(メキシコの他の都市では、スペイン語しか通じません)

オールインクルーシブ・リゾートで、優雅に過ごす

Grace_OkamotoCaribb_1
カリブ海のリゾートが発祥の、「オールインクルーシブ」というサービス。
プライベートビーチやスパ、1日中全ての食事やドリンク、マリン・アクティビティやルームサービスが全て料金に含まれているプランです。

お財布を気にせず、好きなものを好きなだけ食べては飲み、遊び、ホテル内で完結するラクチンさ!カンクンでは、ハイシーズンでも一人1万5千円位から、そんなオールインクルーシブ・ホテルに泊まれます。

あなたはどのパーティーを選ぶ!?開放的なナイト・ライフ

SW_Dylan+Rives
数えきれない程のパーティーが毎晩開催されており、「パーティーの女王」との異名を持つカンクン。チケットが前売りのものは、ホテルからも手配できます。
ここで、筆者が実際に行ってきたものを3つご紹介しましょう。

・カリブ海に漕ぎ出す!船の上でのパーティー

restaurant-358238_640
沈み往く夕景を眺めながら、ゆったりと出発する船上パーティー。海から眺める、カンクンの夜景は言葉に尽くせません。

費用はちょうど100USドルで、食べ放題&飲み放題!価格帯がやや高いため、年齢層も社会人以上が多め。爆音で踊るというよりは、世界中のゲストと会話を楽しむ社交パーティーの雰囲気です。リラックスした環境で、英語を使う良い機会にもなりますね!

・美男美女と、ビーチでひたすら踊れ!音楽に浸るパーティー

sunset-1012640_640
比較的耳馴染みの良い、ポップな選曲が多いのがカンクンのクラブの特徴だと思います。街で聞いた事のあるメロディにハウスのビートを乗せて、ノリノリで踊れちゃう!

踊り疲れたら、カクテルを片手に砂浜に寝転んでみる。隣には水着の美男美女がいて、一緒に飲んで盛り上がる・・・なんて事も!?
DJやイベントにもよりますが、平均して30USドルから。

・お得で、地元感たっぷり!レゲエ・クラブでまったり飲む

安宿が多いダウンタウンにある小さなクラブでは、地元民も沢山出入りしています。エントランスはフリーで、ドリンク代だけ払えばOK。

生バンドが演奏するレゲエやサルサを聴けるのは、メキシコならではの醍醐味!
もちろん片手には、ライムをさしたコロナ・ビール。
屋上に登って、明け行く空をぼうーっと眺める朝は、とても記憶に残っています。
lime

息を飲む絶景!セノーテでダイビングを

カリブ海に身をせり出す、ユカタン半島ならではの美しい絶景もチェックしましょう。それは、陥没穴に湧水がたまって出来た「セノーテ」と呼ばれる地下鍾乳洞!
cenote (8)
写真は、カンクンから片道2時間半程度の所に位置する、グラン・セノーテと言われるポイントです。懐中電灯で鍾乳洞を照らしながら恐る恐る泳ぐと・・・開口部からは鮮やかな緑と空が揺らめいて見える!

インストラクターとのマンツーマンでのダイビングは、カンクン及びトゥルムという最寄り街で申込可能。ショップにもよりますが、筆者はダイブ2本で95USドル程度を支払いました。(移動費・セノーテ入場料・ランチ・飲み物・装備一式レンタルなど全て込みの値段。人数が多いと割引もあり)

カリブ海の宝石!?ベリーズで海三昧

タックス・ヘイヴンのリゾート地として、投資家や資産家から支持を受けているのが、ベリーズ。「カリブ海の宝石」と呼ばれる、非常に美しい国です。
英国領だったため、英語が通じて安心!(他のカリブ海沿岸の国はスペイン語圏)

あの画像の中へ潜って行ける!?ブルーホールでダイビングを

Great_Blue_Hole
インターネットで、あなたもきっと見たことが有る「ブルーホール」は、この国にあります。ちょっと恐い?かもしれませんが、実はここでもダイビングやシュノーケリングが出来るんです。

思い切って飛び込むと、足元は深い青。切り立つドロップオフでは、美しい鍾乳石が見えます。そこにサメが悠々とが泳ぎ回る、特別な風景に息を飲むことでしょう。
首都ベリーズ・シティからツアーが出ており、ボートで片道約1時間。食事・お酒・入場料など全て込みで200USドルが目安です。

秘境感たっぷり?世界遺産のビーチでくつろぐ

Grace_Okamoto
ダイビングをしない、ビーチ派にもぜひお勧めしたいのが「ハーフムーン・キー」です。世界自然遺産にも登録されており、船かヘリコプターでしか行けない、最後の楽園!首都ベリーズ・シティからボートで片道1時間程度。日帰りツアーは150〜200USドルで楽しめます。

遠浅の海を望む白いビーチで、日焼けをしたり、カヤック遊びをしたり。眩しい陽光に影を落とすのは、緑豊かなヤシの木。キャンプサイトも整備されており、新鮮なシーフードのバーベキューは最高に美味しい!
あの「ナショナル・ジオグラフィック」誌が特別ツアーを組むほどに、多彩な鳥や動物たちの姿も必見です。

長期休暇を恐れず、カリブ海へ出かけてみよう!まとめ

person-beach-holiday-vacation
元々バカンスは、ヨーロッパの貴族やエリート層から始まったもの。カリブ海の特別な景色をSNSにアップすれば、エリートなあなたを演出できそうですね。美しい風景と共に、周りの人とは少し違う、素敵な時間を過ごしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です