さよなら無精ヒゲ!湘南美容外科クリニックでヒゲ脱毛レポート

湘南美容外科クリニックでヒゲ脱毛
ヒゲが濃い方ではないけれど、肌が弱くてすぐにカミソリ負けしてしまったり、無精ヒゲにならないように丁寧に剃ったら青ヒゲ状態になってしまったり、ずっとヒゲの処理に悩まされていました。

sbc_hige_12-500x375

自分の人生を考えたときに、これから先もヒゲを伸ばすことはないだろうな・・・と思って、ヒゲの脱毛を決意しました。男性のヒゲは女性のムダ毛に比べると密度が濃くて毛が太いらしいので、できるだけパワフルな脱毛方法を探して、「湘南美容外科クリニック」の医療レーザー脱毛 ヒゲ脱毛無制限コースに申し込みしました。

すでに4回ヒゲ脱毛を行っているので、今回は5回目の体験レポートです。

湘南美容外科クリニックについて

医療レーザー脱毛大手の湘南美容外科クリニックは渋谷や銀座など都内のさまざまな場所に医院があります。4年間有効な「ヒゲ脱毛 回数無制限コース」が69,800円(税込)でした。

初回の施術はインターネットから申し込みを行い、折り返し電話がかかってきて予約を確定。当日はカウンセリング後にそのまま施術を受けることができました。

初回の診察時は診察券の作成のために住所や氏名、年齢などをカウンセリングシートに記入します。身分証を提示することはないのでデタラメでも構わないかもです。住所を書いても自宅にDMが送られるようなことはありません。カウンセリングでは脱毛の基礎知識を分かりやすく教えてもらえます。

別のコースへの勧誘や化粧品のセールスなどは一切ありませんでした。

湘南美容外科クリニック 銀座院の場所・通いやすさ

湘南美容外科クリニック 銀座院はJR山手線 有楽町の駅から徒歩3分程度、東京駅からも徒歩圏内というアクセスが便利な場所です。また、ビルの入口は大通りの裏側にあるので、あまり人目を気にせず入れると思います。

sbc_hige_1-500x375

同じビルにはたくさんの美容クリニックやエステが入っています。湘南美容外科は2Fですので、間違えないようにしましょう。

sbc_hige_2-500x375

待合室はオープンなソファ席です。5月の土曜日に訪問した際は女性3名、男性2人+私(男性)が待っていました。大きなテレビで湘南美容の宣伝がずっと流れています。以前は豊胸手術や女性器形成の宣伝が繰り返されていて気まずい空気になっていましたが、今回はアンチエイジングやダイエットの宣伝に変わっていました。

sbc_hige_3-500x375

ほかにも、「進撃の巨人」や「今日は会社を休みます」などのマンガや男性誌・女性誌があります。院内だけでつながるWi-Fiを使ってスマホから無料でマンガを読むことができるサービスもあるようです。

カーテンで仕切ることができる女性専用の待合室も用意されていますが、ほとんどの女性が共用の部分で待っていました。男性の私としては、せっかく女性専用待合室があるんだから利用して欲しいですね。

医療レーザー脱毛の流れ

受付で診察券を渡して、番号札のついたファイルを受け取ります。施術の順番が回ってきたときは「番号札○番の方」という呼ばれ方で、名前を呼ばれるようなことはありません。ファイルの中は湘南美容外科の広告がたくさん入っています。

sbc_hige_11-500x375

13時20分の予約で13時5分ごろに到着しましたが、施術は13時30分からと案内されました。混雑しているようですので、遅刻は厳禁です。

施術室はひとつずつカーテンで空間が仕切られています。きちんと壁があるような個室ではないので、となりのしゃべり声や施術の気配は分かります。男女別でもないから、気になる人は気になりそうですね。

sbc_hige_5-500x375

施術室の中はエステサロンのように豪華な感じはありませんが、必要十分だと思います。タオルや膝掛けも清潔な感じでした。しっかり蛍光灯で照らされた明るい空間です。

sbc_hige_4-500x375

本人確認のためにスタッフさんへ名前を伝えてから施術スタートです。

脱毛する箇所は必ず事前にシェービングをしておきます。剃り残しがあった場合は1カ所500円でシェービングしてもらえます。皮膚に吹き出物やキズがある箇所は脱毛が行われないので、ふだんからカミソリ負けしてしまう人や、肌トラブルが多い人は要注意です。

施術台のベッドに仰向けで寝転がり、レーザーから目を守るための鉄製アイマスクを乗せます。施術中はずっとアイマスクを乗せているため、どんな感じで行われているか見ることはできません。

「それではアゴ下から照射していきます」

と、声をかけられて脱毛が始まりました。

脱毛器を当てられると「プシュッ」という音とともにレーザーと冷却用のガスが照射されます。脱毛器の先端は1cm程度なので、肌の上を少しずつずらしながら、脱毛範囲全面に照射が繰り返されます。

痛みはなんとか耐えられるレベルです。まったく痛くないわけでもないし、大声を出すほど痛いわけでもありません。皮膚の内側を太いゴムではじかれるような痛みです。アゴ下はヒゲが密集している箇所なので痛みも強いです。

アゴ下の次は口の下、鼻の下と施術が続けられます。

照射が終わった箇所はアイスノンのようなもので冷やされます。しばらく冷やした後、軟膏を塗ってもらって終了です。施術時間は15分程度でした。

無制限コースは最初にコース代を支払っているため、お金を払うことなくそのまま帰ります。

脱毛後の赤みや腫れについて

私はすでに4回脱毛をしていることもあって、施術後の赤みや腫れはほとんどありませんでした。

sbc_hige_9-500x375

どの程度の赤みや腫れが出るかは個人差が大きいと思いますので、ヒゲ脱毛のときにはマスクの着用がオススメです。マスクを付けていても違和感のない、花粉症の季節や冬の時期に脱毛を始めてみてはいかがでしょうか。

また、脱毛後は日焼けをすると色素が沈着する恐れがあるため日焼け止めを使うことを勧められますが、男性だと日焼け止めを使う習慣がない人も多いと思います。日焼けから守るためにもマスクがあると便利です。

5回目の脱毛を終えて

確実にヒゲは薄くなってきています。ヒゲ剃りは週に1回程度でも大丈夫になりました。

ただ、医療レーザー脱毛は効果が強力な反面、「脱毛している箇所」と「脱毛範囲に含まれていない箇所」の差が目立ちやすいです。たとえば「ヒゲ脱毛コース」は、鼻の下・口の下・アゴの下が脱毛範囲なので、アゴの骨に沿った顔の側面部分や頬、首の部分は脱毛されません。

sbc_hige_10-500x375

鼻の下・口の下・アゴの下をヒゲ剃りで処理することはなくなったけど、それ以外の部分はこれまで通りに毛が伸びてくるので、ヒゲ剃りをしないとそこだけ生えて不自然な感じになってしまいます。ヒゲが顔全体に生えている人は、脱毛を開始する前に脱毛範囲をしっかり確認しておくことをオススメします。

また、毛が生え替わるサイクルの「毛周期」が違うヒゲには脱毛効果がないため、3週間程度すると毛周期が違った濃いヒゲがまばらに生えてきます。まばらな感じはすごく不自然なので、早く次の脱毛を行いたくなります。湘南美容外科のヒゲ脱毛はヒゲをデザインして整えたり、自然な感じで薄く仕上げていくというものではなく、完全に無毛状態にしたいという人に向いていると感じました。

ヒゲ脱毛の感想

ヒゲを脱毛すると毎日のヒゲ剃りから解放されるだけでなく、顔全体が若々しく、肌がキレイになって清潔感が増したように感じます。実年齢より若く見られることも増えました。

sbc_hige_13-500x375

剃らないことからカミソリ負けもなくなり、青ヒゲ状態になることもなくなりました。青ヒゲを解消するのは脱毛が一番効果的ではないでしょうか。

脱毛している場所としていない場所の差が目立つことには注意が必要です。また、ヒゲはツルツルなのにほかの体毛が濃すぎると違和感があるので、場合によってはほかの脱毛も検討すべきでしょう。

男性の全身脱毛というのは一般的ではありませんが、脱毛を始めるとどんどんハマっていくと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です