誰と付き合うべきか迷った時の逆算思考のススメ

誰と付き合うべきか迷った時の逆算思考のススメ
「この子は顔は好みなんだけど、性格が悪そう。でもあの子は顔は好みではないけど、性格がすごくいい。あぁ、どっちとおつきあいすべきだろうか?」そんな贅沢な悩みを抱えているあなた、その悩みを決して周囲に漏らしてはいけません。自慢かよ!と言われて背後から刺されますので注意してください。

こんな時、どう判断するのが後悔のない選択になるのでしょうか?今回は、そんな迷えるモテメンズに向けて、決断に迷わない考え方をご紹介しましょう!

結婚か恋愛かによってゴール設定を変えよう

恋愛か結婚か.001

今あなたが欲しい彼女さんは結婚したい相手でしょうか。それとも単なる恋人でしょうか。その「目的」によって誰と付き合うべきか、という判断は変わってきます。

これは筆者の考えではありますが、例えば、好きな女性とは付き合えますが、尊敬できない人とは結婚はできません。恋人は一緒にいるときの安心感で選びますが、結婚相手は一緒にいない時の安心感で選びます。彼女1人との相性で続けられるのが恋愛であり、彼女の友人や家族との相性まで求められるのが結婚だと思っています。

そう考えると、恋人に求めるものと結婚相手に求めるものは、意外と違っているものです。あなたが「いや完全に一緒だ」と思うなら誰を選んでも後悔はないと思うのですが、「うん、確かにちょっと違うな」と思うのであれば、あなたが今選びべき相手は「恋人」なのか「結婚相手」なのかによって判断を変えるべきです。

未来の理想像からの逆算で選ぼう

もうちょっと言うと、恋人としての2人の理想像と、結婚相手としての2人の理想像に違いがあるはずなのです。であれば、「イマどうしたいか」の近視眼的な視点で判断をするのではなく、「未来どうしていたいのか?」の理想像から逆算して、自分の隣にいるのにふさわしい人は誰なのか?で選び取るべきではないでしょうか?

パートナー選びは、それが恋人であれ結婚相手あれ、人生という経営の成否を分ける超重要な「採用」だと心得ておくことをお勧めしておきます。では、実際に「この子と付き合いたい!」と思った時に、その子が自分のことをどう思っているのかを、どう見極めたら良いでしょうか?

相手の態度から「脈あり」かどうかを簡単に見分ける方法

脈ありサインは?.002

恋愛における脈ありサインの見分け方

第一段階として「人として好きでいるかどうか」を見極めるポイントですが、「体の触れ合いが気にならない」距離感が保てるかどうかが、非常に有効な手がかりになります。こちらの記事でも書きましたが、一般的にパーソナル・スペースへの侵入を許せるのは、心を許している相手に限られます。

ただし、これだけでは恋愛対象として見ているかどうかの判断はできません。(特に昔からの付き合いが長いような人の場合。)世の中にはいろいろな「脈ありサイン」がありますが、第二段階としてそれを見極める必要があります。筆者が「脈ありサイン」になりうると認識しているのは、デート中に「化粧を直す」かどうかです。

よほどオシャレにこだわりがあるか、自分の顔にコンプレックスを抱えている女性でなければ、友人感覚の相手には「どう見られているか」なんて本気で考えないはずです。筆者は、女性がお手洗いに行って帰ってきたタイミングで、ファンデーションのノリや口紅のツヤが変化していたとしたら、「もっとよく見られたい」と思っているサインだと受け取るようにしています。

結婚における脈ありサインの見分け方

また、結婚相手として見ているかどうかは比較的シンプルで、会話の中に「親兄弟・子ども」に関するトピックが出てくるかどうかで、だいたい判別できます。女性は男性に比べて、相手が未来を伴走するパートナーとして適しているかどうかを厳しくチェックしていますから、自然と「家族」に関する会話が多くなるのです。

この「家族」に関するトピックは実は、自分がその人に盲目になっていないかどうかを知るのにも、非常に有効な手段となりえます。

これでもう選択を誤らない!恋に盲目にならないための必殺技

盲目にならないための必殺技.003

別れた後に「俺はなんであんな子に惚れていたんだろう?」と後悔したことがある人は、今度作る恋人には次のことを試してみてください。

相手の親友に会わせてもらう。自分の親友に会ってもらう。

結婚相手候補にはお互いの家族を会わせることは、多くの人がやることですよね。これは当然、家族関係を見ることによってこそ、その人の人間関係の本質が見えるからです。どんなに人当たりが良くて性格が良い人でも、家族関係が悪いままそれを放置している人は、最終的にはあなたとの関係も向き合わないようになる傾向にあります

なぜお互いの親友に会わせるのが効果的なのか?

これと同様の理由で、あなたがあなたの恋人の親友を見たときに、「この子たちとはちょっと仲良くなれる気がしないな」と少しでも思ったのなら、最終的にはあなたも恋人に同じ感情を抱くことにほぼ100%なります。だって彼女はその子たちと「親友」なんですから。そういう恋人の場合、逆に自分の親友に彼女を会わせた場合、「あの子はやめておいたら?」と言われることにまず間違いなくなります。

自分のことはよくわからないものですが、あなたの親友ならあなたに合う女性がどんな女性かよく理解しています。自分の判断に自信がなくなったら、親友の力を借りてみてください。

まとめ

逆算思考のススメ.004

誰と付き合うか?に迷えるというのは、それだけでも贅沢なことですが、悩んでいる本人からすると死活問題です。その「採用」次第で、人生が好転するかどうかを決めてしまうほどの影響力があるのですから、当然ですよね。

まずは、自分は恋人が欲しいのか、それとも結婚相手が欲しいのか、を明確にしておくこと。そして、その相手とどのような未来を作りたいのかのイメージを具体的に持っておくことが、恋人選びにおいて非常に重要な準備になります。このゴール設定をどこに置くかで、あなたの選択は変わります。

そして恋に盲目にならないためにも、恋に恋しないためにも、相手の発しているサインを敏感に受け取り、相手がどう思っているのかも具に観察する必要があるでしょう。もし、自分だけの判断に迷いがある場合は、あなたの心許せる大切な親友に会わせてみてください。そこでほぼ正解が出ます。

いずれにせよ、近視眼的な選択をするのではなく、中長期的な視野を持って、未来からの逆算でその未来にふさわしいパートナー選びをできるようになりたいですね!

スポンサードリンク