アポロ11号の月面着陸は捏造!? 今も人々の関心を集める偉大な業績の真実

アポロ11号の月面着陸は捏造今も人々の関心を集める偉大な業績の真実

1969年7月20日、宇宙船アポロ11号が月面に着陸しました。
船長のニール・アームストロングは人類史上初めて月に立った人間となりました。

これはひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩である

彼のこの言葉は今も語り継がれています。
しかし、その「小さくて偉大な一歩」が捏造されたものだと疑う人々は決して少なくありません。アポロ11号の宇宙飛行士たちの業績は、偉大な事実か、それとも人類を裏切る捏造か…果たしてどちらなのでしょうか。

「月面の最初の一歩は捏造されていた!」の根拠は?

apolo3

アポロ11号の業績は捏造である、というような陰謀論が初めて出たのは1974年のことです。
その原因となったのはビル・ケイシングが記した “We Never Went to the Moon” という本でした。

ビルはアメリカ航空宇宙局(NASA)から仕事を請け負っていたロケットエンジン会社、ロケットダイン社の社員で、テクニカルライターとして勤めていました。
彼は著作のなかで、NASAは人間を安全に月面へ着陸させるのに十分な技術を持っていなかったと主張しています。ただ、彼の業務内容はロケットの開発とはほとんど関係がなかったことに留意しなければいけません。

ロケット開発と密接な関係がなかったにも関わらず陰謀論を書きあげ、それだけでなく何十年も一定の人々の指示を集めているのですから、それはそれで驚きますね…。
とにもかくにも、その後もアメリカだけでなく、日本など世界各国においても陰謀論を支持するような書籍が刊行されました。

疑いを抱かせているのにはそれなりの理由があった!

apolo1

このような陰謀論を善人な人々が信じるには理由がありました。それは、宇宙に対する人々のイメージと現実のギャップが大きいからです。
陰謀論でも多く取り上げられている2つの疑惑をご紹介します。

疑惑のひとつ目は、「星条旗が揺らめくのはオカシイ」ということです。
宇宙には風がないのになぜ星条旗がはためいているのでしょう。この疑惑には、ワイヤーが仕込まれているのでは?という疑念まで投げかけられていました。

疑惑の2つ目、「背景に星がひとつも見えないのはオカシイ」。
アームストロングが撮影した写真をみると背景はどこまでも暗く、星のあかりがひとつも見えないことに気付きます。街の明かりがいくら強くても星のひとつやふたつは見えるもの…。それなのに、どうして宇宙空間では星を全くみることができないのでしょうか…不思議ではありませんか?
そのほかにも、「影の向きがオカシイ」、「真空で水もないのに、足跡が型崩れせずはっきりしているのはオカシイ」などさまざまな疑惑があります。

疑惑を晴らすための地道な努力から見えてきた事実

apolo2

アポロ11号だけでなく、アポロ計画に関わる疑惑はたくさんあります。それらについて、NASAだけでなく、専門家、バラエティ番組、アマチュア天文家などが地道な検証を繰り返し、反論してきました。

たとえば、先に紹介した疑惑のひとつ目、「星条旗が揺らめくのはオカシイ」。これは簡単に疑惑を晴らすことができます。
答えは-「慣性の法則」だったのです!実は、宇宙飛行士たちが旗を立てる際の衝撃が慣性を働かせ、風で揺れるように見えていたのでした。

疑惑の2つ目、「背景に星がひとつも見えないのはオカシイ」ということについては、2014年、アメリカの半導体メーカー・NVIDIA社のエンジニアチームが再現実験を行いました。
その結果、太陽と、月面に反射する太陽光、そしてアームストロングの宇宙服に反射した太陽光が星の明かりを消してしまい、写真に写らないことがわかったのです。宇宙空間では、満天の星空というものを常に見られるものだと思っていましたが、意外にも必ずしもそうなるとは限らないのですね。

アポロ11号の疑惑に多くの人々が関心を持った結果としてさまざまな実験が試みられました。
そこからわかりつつあることは、アポロ11号の偉業は、捏造されたのではなく、むしろ事実だったのではないかということです。科学技術は万能ではなく、これまでの実験もひとつの事例に過ぎません。
しかし、このように検証を繰り返し、ひとつひとつの疑惑や不明瞭な点を取り除いていくことで、アポロ11号について私たちはより深く知ることができるのです。

参照元:https://www.buzzfeed.com/rickysans/we-recreated-the-moon-landing-to-see-if-it-couldve-been-fake?utm_term=.hpZKkpyYJZ#.ytnvLY0daR

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です